しくじり先生に映画監督紀里谷和明が登場!授業内容や感想まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 芸能


8月3日放送の「しくじり先生」に、宇多田ヒカルさんの元夫の映画監督紀里谷和明さんが出演されていました。

どんな授業だったかと言うと、日本映画界から超嫌われちゃったと言う内容でしたw

一体なぜでしょうか?

それでは今回はこのテーマについての、内容と感想を書いて行こうと思います。

Sponsored Link


 

プロフィール

きりやhttp://matome.naver.jp/odai/2143796872122381901引用
 

本名:岩下和裕

誕生日:1968年4月20日

出身地:熊本県球磨郡あさぎり町

職業:映画監督・写真家

2002年に宇多田ヒカルさんと結婚しますが、2007年に離婚。
宇多田ヒカルhttp://www.barks.jp/news/?id=1000064462引用
 

【映画】

CASSHERN・GOEMON・ラスト・ナイツ

【PV】

宇多田ヒカルのtraveling・SAKURAドロップス・誰かの願いが叶うころ

GLAYの恋

【COジャケット】

SMAPのライオンハート

 

 

 

 

日本映画界から嫌われた理由

まず2003年に映画監督になった紀里谷さんがやらかしてしまったことは、日本映画界を超バカにしてしまったことでした。

雑誌のインタビューでどんなことを言ったかと言うと、

①映画監督として成功している人は、異業種の人ばかり

②予算が少ない事を言い訳にして、すぐ「日本では無理」と言う

③邦画と言うカテゴリー。なぜ世界に通用する映画を作らないのか?

だそうですw

北野武さんや宮崎駿さんが活躍していますが異業種の方で、紀里谷さんは日本映画界に不満があったそうです。

思いを溜めとく事ができず、口に出してしまったことがしくじりポイントなんだそうですよw

しかしこの発言のせいで、10年間撮りたい映画が撮れなくなってしまったそうです。

結局ひとりぼっちで、無駄な時間を過ごしていたそうですよ。

 

 

 

 

 

本日のテーマ

「夢に向かって挑戦するあなたが、思ったことを言い過ぎてひとちぼっちにならない」ための授業です。

映画作成を行うにあたってのしくじりを話してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

第一章:こうして日本映画界に嫌われた

紀里谷さんは悪気があって、日本映画についての意見をしたわけではないですが、当時はどんどん大事になっていったそうです。

しかしなぜそこまで大きく叩かれてしまったのでしょうか?

それは「今までに一本も映画を撮ったことがなかった」からです(笑)

上でかっこよく日本映画について意見をしていましたが、紀里谷さんまだPV監督止まりで、映画を撮ったことがなかったんですね。

そらぁー叩かれますわなww

紀里谷さんのように、知ったかぶりな態度や発言で嫌われてしまうケースは他にもあります。

①新入社員なのに「会社のやり方が効率悪い」と批判する

②スポーツ経験ゼロなのに、プロのプレーに対して批判する

③曲も作れないのに「サビがキャッチーじゃない」「ありふれたメロディーセンス」などと意見する

どうですか?

皆さんも、こんな人周りにいたりしませんかね~?w

ゲストの長島一茂さんも現役時代に、よくヤジを飛ばされていたそうです。

はやりファンからの声だとしても、経験のない人から言われるといい気はしませんよね。

日本映画界からも、紀里谷さんの発言に同じような気持ちだったと思います。

 

 

 

 

 

 

CASSHERNクランクイン

CASSHERNは1973年~1974年に放送された「新造人間キャシャーン」のアニメをモチーフにされています。

邪悪なロボット軍団と戦いを描いている作品です。

これを紀里谷さんが実写化したんですねw

最新CG技術を使い、めっちゃかっこよく仕上がっていました!

本当は映画を撮るときには映画業界の人を連れていくのが基本ですが、紀里谷さんはそういうのを無視し、PVスタッフを連れて行ったそうです。

そして助監督は映画業界の人だったそうですが、合わずどんどんクビにして合計7人の助監督を使ったそうです。

普通は変えないそうなのですが、そういうしきたりを無視し続けたあげく、どんどん嫌われてしまっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

宣伝にダメ出し

紀里谷さんが宣伝チームに「ダサい宣伝プランを考えやがって!」と言ったそうです!

宣伝チームは一生懸命やってくれているのに、ちょっとひどいですよね。

しかし紀里谷さんには、新しいことをやっていかないといけないと言う思いも強かったそうで、これからは自分でプランを作っていきました。

宣伝として考えたプランは、普通舞台挨拶では壇上に上がって挨拶しますが、紀里谷さんはレッドカーペットからヒントを得てブラックカーペットで挨拶をすることを考えました。

紀里谷さんはインパクトがほしくて自分のやりたいようにしていきますが、異業種の人間が急に自分のやり方を押し付けることは、どんなに正しくても嫌われてしまうんですね。

理不尽なとこもたくさんあり、妥協できなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

自信満々

さらにノリにノッていたので、開き直っていました!

開き直った心境は「映画なんて、尺が長いだけ」だと思っていたそうですww

これは怒られますよね・・・。

映画コメンテーターの有村さんはこの発言に「映画って尺が長いだけじゃない、2時間のパッケージで勝負している、2時間に人生の縮図が入っている」と反論していました。

しかし紀里谷さんは、PV×20本を撮るようなもので、自分には不可能はないと思っていたそうですw

 

 

 

 

 

 

 

CASSHERNの評価

CASSHERNを撮るときも「アメリカではスパイダーマンやバットマンを撮っているのだから、日本でも撮りましょうよ」と言ったそうですが「予算がないから日本では無理」と言われてしまったそうです。

これは紀里谷さんは悔しかったみたいです。

その悔しさから、だったら自分がやってやると言う思いで、制作費6億円に対し15億円の興行収入を上げたそうです!

大ヒットしましたが、評論家からの声はこちらでした。

①映画サイトでの採点15点(100点中)

②突っ立った人が延々と会話し続けるだけの映画

③普段映画を見ない人が見たら「もう二度と映画を見るのはやめよう」となっても不思議ではない

④映画としては2時間もたない

とあまり良くない評価だったそうです。

しかも④は生徒の有村さんのコメントでしたw

有村さん曰く、「予告編ではすごい作品に見えるが2時間見てみると演説大会が始まって、見ている方は押し付けがましさがある」と言っていました。

15億円もの収入を上げていますが、酷評のあまり業界的にはコケたもの扱いだったそうです。

これには紀里谷さんもショックだったようですね。

 

 

 

 

 

 

ハリウッドからのオファー

日本では酷評でしたが、ハリウッドからの意外なオファーを受けました!

CASSHERNを見たとバンバン電話がかかってきたそうです!!

このハリウッドのオファーに紀里谷さんは「日本映画界とはこれっきりや」と思いました。

そしてハリウッドに行き監督契約をしましたが、そこには厳しい現実が待っていました。

大不況で映画の話がポシャーンでした!!

3つの作品を用意していましたが、2008年のリーマンショックにより吹っ飛んでしまい白紙になりました。

日本にいればその期間に2~3本は撮れていましたが、撮りたくてもと撮れない状況に完全にしくじったそうです。

 

 

 

 

 

 

日本にリターン

結局紀里谷さんは日本に戻ってきましたw

日本に帰ってきてからすぐに「GOEMON」の制作を開始します。

CASSHERNの反省点を踏まえ、心の声を封印し挑みました。

しかし映画を見た人たちから、思いもよらぬ批判を受けます!

「あいつ自分好きすぎてひくわ~」でしたw

一体どういうことかと言うと、「GOEMON」に自ら出演したからですww

でも有村さんは絶賛で、「CGもキャストパワーもすごいのでこれならハリウッドに売り出していける!」とコメントされていました。

ただ後半演説大会になっているのが残念だと言っていましたが、紀里谷さんはあえてそうしている反論していました。

みんながしないようなことを、チャレンジしたいと言う気持ちからの行動だそうですよ~。

 

 

 

 

 

 

ハリウッドからのオファー

「GOEMON」でのハリウッドからのオファーはなんと0件でした。

CASSHERNのときのような勢いがなく、うまくやろうという気持ちが働いてしまったからだそうです。

その結果、紀里谷さんは猛烈な孤独感に襲われます。

 

 

 

 

 

 

まとめの言葉

ひとりっきりになってやっと気付いたのが「周囲の協力があるから、自分の仕事は成立する」と言うことでした。

何でも自分の力で出来ると自信満々でしたが、ようやくこのことに気付くことができました。

 

Sponsored Link


 

第2章:なぜこんな大人になったの?

嫌われ紀里谷さんができるまでの道のりについてです。

まず15歳で単身アメリカへ飛びます。

18歳でパーソンズ美術大学へ進学します。

24歳でNYで写真家になり、26歳で日本に帰国します。

日本に帰ってきて紀里谷さんは、「日本の写真業界はヌルくない?」と思います。

そう思った理由はアメリカの写真業界の影響があります。

①写真家になりたい人が多いので、超競争社会

②雑誌の1ページをノーギャラで奪い合う

③フィルム代捻出のため 、車泥棒をする

と、そこまでしてでも写真を撮りたいひとがいたと言うことですね。

しかし日本では、すぐにトップクラスに上り、ちょっと写真をつれば何百万と稼げたそうです。

これが調子に乗らせてしまうんですねw

この状況を紀里谷さんは「ニューキリヤパラダイス」と呼んでいました(笑)

ここで紀里谷さんは調子に乗り、さらなる勘違いを生みます!

①家は絶対に港区

②飛行機は絶対にファーストクラス

③ホテルは絶対スウィート

④スーツは絶対にロンドンまで作りに行く

これは実際に紀里谷さんが行ったことで、相当稼いでいたと思われますw

今思えば、良い家を買ったり良い車を買ったり良い服を買うと言うことは、自信のなさを現していたのだと思うと言われていました。

 

 

 

 

 

結婚

こんなどうしようもなくなった紀里谷さんを変えたのが、宇多田ヒカルさんとの結婚でした!

この結婚でまともになるために、一切の遊びをやめました。

その時の紀里谷さんの心境がこちらです。

結婚→守りたい人間ができる→ちゃんとした人間になる決意→遊ばなくなる→創作活動へ時間を費やす→新たな挑戦を決意

周囲からも「人が変わっちゃったね!」と驚かれるくらい変わったそうですよ!!

その新たな決意が強すぎて、最初の日本映画界への意見をしてしまったそうですw

 

 

 

 

 

 

学んだこと

色々酷評されてきましたが、今だから分かることが「批判をする事」よりも「作る事」のほうが100億倍難しいと言うことだそうです。

しかし、コメンテーターは作品を見た人側からの意見で、監督側ではないので色々な意見があるのは仕方ないことだと思います。

監督側からしたら紀里谷さんの意見がすごく分かると思いますが、視聴者側からしたら見た評価しか分からないので、この意見に賛同するには難しいかもしれませんねw

紀里谷さんも、自分の作品をきっちり作るしかないとは言っていましたけどね。

そして批判される側の気持ちも分かるので、どんな職種の人や作品でも批判はせず敬意を持って接したいと言われていました!

ここは見習いたとこですねw

 

 

 

 

 

 

最終章:新たな事に挑戦する人へのメッセージ

紀里谷さんは昨年、ハリウッドで映画を製作すると言う目標を達成いました!

その映画は「LAST KNIGHTS」です。

制作には5年かかったそうです。

あまりの大変さに、映画をやめようとも思ったそうです。

その時に、出演されていたモーガン・フリーマンさんからの一言がありました。

紀里谷さんはモーガンさんに「これからもっと良い映画監督になるためにはどうしたらいいか?」との質問をしました。

そしたらモーガンさんは「Listen(ききなさい)」と答えました。

その意味は、スタッフにに聞いたり周囲に聞いたりしろと言うことかもしれません。

ただ「頭でっかりにならずに、感じろと、もっと全体を感じなさい」と言う意味が込められていたのだと思うと、紀里谷さんは解釈されていました。

この言葉で紀里谷さんは目が覚め、一番出来ていなかったことに気付きます。

今までは人の話に耳を傾けずに突っ走ってきていたので、この言葉で救われて前に進めるなと思ったそうです。

 

 

 

 

 

 

終わりに

紀里谷さんの授業では、ちゃんと色んなことに耳を傾け、色んな事を吸収し、色んなことに挑戦するときにしくじらないようにしてください!とのことでした。

はやり駆け出しの頃って勢いはあり、自分で何でもできると思っちゃうんですよね。

私もそうでしたが、結婚し子供ができると周りの助けに本当に感謝するようになりました。

これから、子育てと家事と両立しながらやりたい事もあるので、色んな人の手をかりながらやっていこうと思っています。

みなさんも色んなことにチャレンジするときは、まず周りに耳を傾けてみてはどうでしょうか?w

 

 

関連記事はこちら

保田圭がしくじり先生に出演!アイドル時代と婚活時代の苦悩を告白!動画あり

Sponsored Link

関連記事

ズムサタ

ズムサタのオトコ同士の特集が話題!アナウンサーが街頭で真実に迫る!!

今朝のズームインサタデーの特集で、アナウンサーが街の男子たちにインタビューし、なにやら怪しげでインパ

記事を読む

ピカ子

ピカ子がハリウッドメイクでLiLICoを大変身!!その方法は?

1月26日放送のナイナイアンサーに、メークアップアーティストのピカ子さんが出演されていました。

記事を読む

吉田

アメトーークでのブラマヨ吉田を支持する会が最高!内容と見た感想まとめ

7月24日放送の「アメトーーク」で、ブラックマヨネーズの吉田さんを支持する会をやっていました。

記事を読む

アメトーーク

アメトーーク!のビビリ芸人が最高!!ドッキリの内容とリアクションについて

7月2日放送の「アメトーーク」でビビリー1グランプリ芸人をやっていましたね。 芸人メンバーは千

記事を読む

品川

ロンハーで品川が坊主に?!村本とのトラブルの原因とは??

9月29日放送の「ロンハー3時間SP」で、品川さんとウーマン村本さんがトラブってると言う話題になりま

記事を読む

おかずクラブ

モニタリングに子泣きじじいのオカリナが幽霊に人生相談?!画像あり

10月8日放送の「ニンゲン観察!モニタリング」の秋の3時間スペシャルに、おかずクラブのオカリナさんが

記事を読む

予告犯

生田斗真と濱田岳がゴチ参戦!映画「予告犯」の番宣

ぐるナイに生田斗真さんと濱田岳さんがゲストで出ていました。 生田さんは相変わらずかっこいいです

記事を読む

りりぽん

さんま御殿でのりりぽんのトークが面白すぎ!天然発言炸裂の内容とは?

8月4日放送の「踊る!さんま御殿!」に、NMB48の須藤凜々花さんことりりぽんが出演されていて、その

記事を読む

今井雅之さん

末期の大腸がんとはどんな病気?特徴や原因、治療法について

大腸がんで闘病していた今井雅之さんが28日午前3時5分、都内の病院で家族に見守られながら亡くなられま

記事を読む

高橋みなみ

高橋みなみ第7回総選挙で感動のスピーチ!自己最高の4位!

6月6日に第7回AKB48選抜総選挙が18時半から行われ、卒業前の高橋みなみことたかみなさんの順位に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
ピカ子
ピカ子が引き算メイクでいとうあさこをたった5分で大変身!!

3月8日放送の「ナイナイアンサー」で、ピカ子さんがいとうあさこさんを引

宮川大輔
イッテQお祭り男宮川がカルソッツ祭りに参加!!内容と結果は?

2月28日放送の「世界の果てまでイッテQ]で、人気企画のお祭り男宮川大

中畑清
中畑清が金スマで野球人生と妻の存在を告白!感動の内容まとめ

2月19日放送の「金スマ」で、元横浜DeNAベイスターズ中畑清監督(6

馬場典子
ピカ子が馬場典子でハリと弾力アップのメイク術を披露!!

2月16日放送の「ナイナイアンサー」に、ピカ子さんが出演されていました

家事えもん
家事えもんがエアコンのフィルターと風呂場のカビ掃除を紹介!!

2月11日放送の「得する人損する人」に家事えもんが出演していました。

→もっと見る